オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

2014/07/31

新しくコラムを更新していくことになりました

これまでこちらのブログでさまざまなお話をさせていただきましたが、
これからは以下の美人白書サイトにてコラムを更新していくことになりました。
今後はこちらのサイトをご覧いただけたらと思います。

side-banner-99.gif
美人白書(http://www.beauty-book.jp/

美人白書サイトとは、お肌のさまざまなトラブルやボディケア、健康などについて幅広く情報提供をしているサイトです。
美容医療の視点で他のドクターたちもさまざまな解説やアドバイスを紹介していきますので、ぜひ楽しみにしていてください。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  

2014/06/30

フラクセルの効果を高めるオリジナル治療薬

ニキビ跡治療で知られる「フラクセル」は、当院が症例数全国トップなこともあり、遠方からご来院くださるお客さまも多く人気の高いメニューです。

「フラクセル」は、新しい肌への入れ替えを促すためにレーザーで意図的に肌へダメージを与える治療なので、施術後はホームケアも重要になってきます。当院では、治療を受けていただいた方には無料で、ホームケアに役立ち、また施術効果を高めるオリジナルの治療薬をお渡ししています。

治療薬はメニューによって異なりますが、主に下記の中から最適なものを組み合わせてお渡ししています。

◆フラクセルローション
美白有効成分のコウジ酸を配合した高濃度美容液で、色素沈着を防ぎ、明るく透明感のある肌へ導く効果があります。
phcosme_pic21.jpg

◆リンデロン
炎症を抑える薬で、痒みや赤みを速やかにしずめます。

◆ワセリン
保湿・保護剤で、水分を閉じ込め、バリア機能が低下した肌を乾燥から守ります。
IMG_6731.jpg

◆ビタミンC内服薬
色素沈着を抑え、内側から肌再生をサポートします。今、コースでご契約いただいた方には特典で、ビタミンC内服薬を含むオリジナル治療薬(ビタミンセット)をプレゼントしています。

当院では、ホームケアも治療の一環と考えています。適切なホームケアは、施術の効果を引き出すだけでなく、ダウンタイム軽減や治療期間の短縮にもつながります。治療薬は、コースに関わらず別途お求めいただくこともできます。どうぞお気軽にご相談ください。

  

2014/06/23

治りにくい毛孔性苔癬にレーザー治療を

先週の土曜日は、一年で最も昼が長い夏至でした。夏至を過ぎると、本格的に夏が始まります。

毎年この時期になると、ご相談が増えるのが「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」です。二の腕や背中、太ももなどに好発するため、薄着の季節になると気になるという方が多いようです。

毛孔性苔癬は、毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)とも言い、毛穴の周囲の角質が部分的に肥厚し、角栓が毛穴をふさぐことで、ブツブツやザラつきができる皮膚疾患です。家族性の例が多いことから、遺伝により起こると考えられています。

lichen_pore[1]

一般的な治療としてケミカルピーリングがありますが、非常に長い治療期間が必要な上、大きな効果は得にくいというのが実情です。毛孔性苔癬は毛穴の中に問題があるので、早期改善のためには肌表面だけでなく真皮層まで治療する必要があります。

当院の『毛孔性苔癬フラクセル』は、レーザーが皮膚の真皮層にまで作用し、肌のターンオーバーを急速に促す治療です。問題のある肌を新しい正常な肌へと入れ替えることで、大きな治療効果を発揮します。また、フラクセルには複数の照射方法があるので、ブツブツやざらつきだけでなく色素沈着などもまとめて改善できます。

当院では、この『毛孔性苔癬フラクセル』により多くの方のお悩みを解消してきました。下の症例写真は、30代女性の方です。二の腕の広範囲に広がっていた硬いブツブツが消え、白くなめらかな肌に改善されたのがおわかりいただけると思います。
      【術前】              【術後】
011985_before_L[1] 011985_after10m_L[1]

市販の塗り薬などでは、毛孔性苔癬の早期改善は難しいと思います。積極的な治療を望まれる方は、ぜひ当院にご相談ください。

  

2014/06/13

梅雨時期の体調管理に「美容点滴」を

まぶしい青空の下で汗をぬぐっていたら、いきなり嵐のような雷と豪雨に見舞われるなど、天候が不安定な時期です。
気温や湿度、気圧の変化も激しく、体調管理に悩まれる方も多いのではないでしょうか。

雨や台風など天気の悪い日に、肩こりや頭痛に悩まされたり、体調不良を感じることはありませんか。
これらの症状は、気圧の影響による血管の圧迫や拡張で誘発されるといわれています。また、気圧が下がると交感神経が活発に働き、諸々の体調不良を招くという実験結果もあります。

af9920072475l.jpg

このような季節の変わり目に健康と美容を維持するために、美容点滴が役立ちます。
当院は、「MR21(点滴療法研究会)」に所属しており、最先端の点滴療法をご提供しています。疲労回復、健康増進、アンチエイジングなど、その時々の体調やご希望に合わせてお選びいただけます。

例えば、体調が崩れそうなときや疲れが気になるときは、「高濃度ビタミンC点滴」がおすすめです。高濃度のビタミンCを全身に届けるので、疲労回復や免疫力向上のほか、美白効果も得られます。

肩こりや冷え、不眠にお悩みなら、「アンチエイジングデトックス点滴」が効果的です。
エイジングケア成分として知られるプラセンタをはじめ、各種ビタミンを配合しており、細胞を活性化して滞っていた代謝を促します。抗酸化作用にも優れ、若々しさ・健やかさを保ちたい方にもおすすめです。

忙しい毎日の中で、リラックスして点滴を受ける時間を設けることは、ストレスの解消にも有効と考えます。美容点滴は、継続することでより大きな効果が得られます。当院では、続けやすいようお得なコース割引も設定していますので、ぜひご利用ください。

また、祐天寺院では、美容点滴などで内からケアする「インナーケア」と肌を直接ケアする「アウターケア」を組み合わせた、さまざまな複合治療を実践しています。ぜひ、祐天寺院限定メニューもご覧ください。

  

2014/06/09

あきらめていた深いニキビ跡に「アンコア」

以前、ニキビ跡とその治療についてお話ししましたが、凹んだニキビ跡「萎縮性瘢痕」については「治らないとあきらめていた」という方もいらっしゃったようです。

凸凹のニキビ跡は、肌表面だけの治療では十分な効果は得られませんが、肌深部に作用するレーザー治療「アンコア(ブリッジセラピー)」「フラクセル」により、しっかりと改善することが可能です。

特に、深いニキビ跡にお悩みの方、ある程度のダウンタイムがあっても大丈夫という方には、「アンコア(ブリッジセラピー)」がおすすめです。

「アンコア」「フラクセル」も、肌へダメージを与えることで再生を促すしくみは同じですが、「フラクセル」は組織を凝固させることでダメージを与えるのに比べ、「アンコア」は組織を蒸散させ、肌に穴をつくります。ダメージが大きい分ダウンタイムは長くなりますが、1度あたりの治療効果はとても高いです。
また、「アンコア」の高出力レーザーは「フラクセル」が届かないほどの深部にまで作用するので、皮下組織にまで達した深いニキビ跡にも有効です。

encore_comparing[1]

症例写真をご紹介しましょう。

       【術前】             【術後】
016574_before_R.jpg 016574_after_R.jpg

頬から口元に集中していたアイスピックタイプの深いニキビ跡が、まったく気にならなくなっているのがおわかりいただけるでしょう。肌表面もなめらかに引き締まり、かつてニキビ跡があったとは想像できないほどです。

ダウンタイムは2週間~1ヶ月かかりますが、積極的に治療したい方には、高い効果を実感していただける素晴らしい治療だと思います。メイクでニキビ跡を隠すことができない男性にもおすすめします。ホームケアもカバーした効果的な治療プランをご提案いたしますので、どうぞあきらめずにご相談ください。

  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。