オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

2014/05/30

雑誌『Figue Beauty』の取材を受けました

先日、取材をお受けしたのですが、その内容が掲載された雑誌が届きました。
5月27日発売の『Figue Beauty』(双葉社)です。

IMG_2087_2.jpg

取材内容は、目元のクマ、たるみについてでした。
クマというと、まず寝不足による血行不良などを原因と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実は皮膚に色素沈着している場合などもあり、いくつかの種類があります。

年齢に伴い進行するクマの場合、前回お話しした「たるみ」が関わっていることも多いです。加齢により目の下の脂肪がボリュームダウンすると、そこに凹みができ、凹み部分に影が落ちて黒っぽく見えます。また、加齢に伴うたるみにより目の下の脂肪が表面に突出すると、袋状にふくらんだ脂肪の下に影ができるので、これも黒く見えます。

取材では、凹凸をなめらかに整えることでクマを改善する施術として、「ヒアルロン酸注射」についてご紹介しました。
「ヒアルロン酸注射」は、凹んだ部分に薬剤を注入して物理的に持ち上げますので、確かな即効性があります。また、ダウンタイムはほとんどなく、麻酔入りの薬剤は痛みも少ないので、美容医療が初めてという方にも受けていただきやすい施術です。

誌面でもわかりやすくまとめてくださっていますので、ぜひご覧ください。

  

2014/05/27

たるみだけではない、目元トラブルの事実

「目元のたるみ」は、お顔の印象を大きく左右することもあり、たいへんご相談の多いお悩みです。日々お客様の診察をしていると、たるみと一言で言っても、さまざまな症状が混在している状態を多く見受けます。

目元のたるみには、実は多くの種類があります。原因も、肌の老化、筋肉の低下、乾燥や刺激などさまざまですが、それらにより現れる症状も人によって異なります。ご存知ない方も多いようなので、簡単にご説明しましょう。

◆上まぶたのたるみ・ふくらみ・くぼみ
正常な位置で支えきれなくなった皮膚や脂肪が垂れ下がると、上まぶたにたるみやふくらみが現れます。二重が奥二重になったり、まぶたが腫れぼったく見えたり、目を開ける際に重く感じる場合もあります。

上まぶたのふくらみ

施術としては、軽度なら、皮膚を内から引き締めリフトアップする「アイズバイサメイジ」などのレーザー治療や、医療用の糸で二重に縫い留める「二重埋没法」、重度なら、たるんだ皮膚を切除する「上まぶたのたるみ取り」などがおすすめです。

また、皮膚や脂肪のたるみにより、上まぶたの皮膚が陥没してくぼみができる場合があります。くぼんだ部分に影ができ、老けて見えたり疲れた印象を与えます。

上まぶたのくぼみ

このような症状にも、レーザー治療や高周波治療が効果的です。

◆下まぶたのたるみ・ふくらみ・くぼみ
上まぶた同様、皮膚や脂肪が垂れ下がることで、下まぶたにたるみやふくらみが現れます。さらに、目元や頬上部のたるみにより、下まぶたにもくぼみができる場合があります。くぼんだ部分に影ができるので、疲れた印象や不健康な印象を与えます。

下まぶたのふくらみ

軽度のたるみやふくらみなら、「レーザータイトニング」などのレーザー治療、くぼみなら、くぼんだ部分を物理的に持ち上げてなめらかなラインを形成できる「ヒアルロン酸注射」などが有効です。また、たるみやふくらみなど複数の症状が合わさっている場合には、「トリプルアイリフト」などの複合治療をおすすめします。

このように、目元のたるみにはさまざまな種類があり、さらに症状に合わせて適した治療法も異なります。たるみやふくらみが混在した複雑な症状には、それらをまとめて改善できる複合治療もご用意しています。「切らないと治らないから…」などと決めつけず、まずはお気軽にご相談ください。

  

2014/05/02

要望に合わせて選べる、目元のたるみ治療

目元のたるみ治療というと、切らなければ効果がのぞめなかったのは昔の話。
今はさまざまなレーザーがあり、また特殊なコンタクトレンズにより上まぶたの真上からレーザーを照射できるようになったことから、メスを使わないより手軽な治療が可能になりました。

当院では、目元のたるみを改善するレーザー治療として、以下の3種類のメニューをご用意しており、お客様の症状や要望に合わせてご提案しています。

レーザーアイリフトレーザータイトニング
eyelift_irradiation[1]
「レーザーアイリフト」は上まぶた専用、「レーザータイトニング」は下まぶた専用のたるみ治療メニューです。共に、「CO2(炭酸ガス)レーザー」を照射し肌に微細な穴を作ることで、肌の創傷治癒機能によりコラーゲンやエラスチン産生能力を活性化させます。穴の修復と共に、肌のコラーゲンやエラスチン量が増えるので、ハリや弾力が高まります。
表面から働きかけ、肌の入れ替えを行っていくものなので、肌表面の小ジワやちりめんジワも同時に改善したいという方におすすめです。

◆フラクセルアイリフト
fraxeleye_briefing[1]
「フラクセル」のレーザーを照射し肌の入れ替えを行うもので、たるみを改善するしくみとしては「レーザーアイリフト」「レーザータイトニング」と同様です。
「フラクセル」には3種類の照射方法がありますので、ちりめんジワやハリ不足には「フラクセル1927」、深いシワやたるみには「フラクセルⅡ」、それらのお悩みを一度に改善したいという方には「フラクセル コンビネーション」と、ご要望に合わせて対応できます。

◆アイズバイサメイジ
eyesby_briefing[1]
「サーマクール」の高周波を肌の深層まで届け、コラーゲンを熱変性させることで肌を引き締めます。さらに、収縮したコラーゲンを修復するために長期的にコラーゲンが産生されるので、肌の内側から着実に肌が再生されていきます。
ダウンタイムの取れない方、痛みが苦手な方にもおすすめできるメニューです。

このように、表面から肌の入れ替えを行う「レーザーアイリフト」「レーザータイトニング」「フラクセルアイリフト」と、内側から引き締めていく「アイズバイサメイジ」は、アプローチ方法がまったく異なりますので、お悩みの方は両方受けてみるのも効果的かと思います。「レーザーアイリフト」「レーザータイトニング」は新宿院のみで、「フラクセルアイリフト」は祐天寺院で受けていただけます。

当院では症状だけでなく、仕上がり、痛み、ダウンタイムまで、お一人おひとりのご要望に合わせたメニューをご提案いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

  

2013/04/26

ダウンタイムなしに目元のたるみを解消「アイズバイサメイジ」

新しい年度が始まり、早や一カ月。
気持ちも新たにさまざまなことに挑戦され、
忙しくされている方が多いのではないでしょうか。
気候も日に日に穏やかになり、
活動しやすい季節になりましたね。

先日、当院のウェブサイトで、
目元のたるみについて新しいページを公開したところ、
お問い合わせが増えているようです。
目元のさまざまな症状と、それに適応する施術について
解説していますので、お悩みの方はぜひご覧ください。
http://www.ozaki-clinic.com/case/sag/eye.html

上記のページでも紹介していますが、
上まぶたのたるみ目の周りの小じわにお悩みの方、
特に、ダウンタイムなしに改善したいという方には、
目元専用サーマクール「アイズバイサメイジ」がおすすめです。

サーマクールは、高周波を肌の深層まで届け、
ハリや弾力をつかさどる真皮層のコラーゲンを
熱変性させることで再構築し、
たるみや小じわを根本から解消するレーザー治療です。

「アイズバイサメイジ」は、
特殊なまぶた専用チップとコンタクトシェルを使用し、
上まぶたと目の周囲に照射することで、
上まぶたを引き上げ、小じわをなめらかに引き締めます。

ebt01[1]

施術後の腫れや痛み等ダウンタイムもなく
受けていただきやすい治療かと思います。
忙しい方、また美容医療やレーザー治療は初めてという方も、
どうぞ安心してご相談ください。

  

2013/04/15

目元全体のたるみに効果的な“合わせ技”

季節を問わず、ご相談の多い目元のたるみですが、
症状が複合的なため、以前は治療が難しく、
大きな効果を得るには切る手術しかないと言われていました。

現在は、特殊なコンタクトレンズを使用することで
まぶたのギリギリまでレーザーを照射することが可能になり、
切らずに治療ができるようになりました。

レーザーにもさまざまな種類がありますが、
目元全体のたるみを解消するには、
「レーザーアイリフト」「レーザータイトニング」
一緒に受けていただくのがおすすめです。

lasereye_img01[1]

「レーザーアイリフト」は上まぶたに、
「レーザータイトニング」は下まぶたに、
それぞれ、CO2(炭酸ガス)レーザーを照射します。

CO2レーザーには、肌に微細な穴を開けることで、
皮膚を引き締める作用があります。
また、その穴が治る過程で、コラーゲンが大量に生成されるので、
ハリがアップし、たるみも解消されます。

施術後は、若干の赤みや腫れがありますが、
一度で効果を実感していただけると思います。

目元は、顔の印象を大きく左右します。
目元が引き締まると、目がぱっちりと大きく見え、
驚くほど、お顔全体が若々しい印象になりますよ。

◆目の上下のたるみ をはじめ、
◆まぶたが重く感じる
◆二重の幅が狭くなってきた
◆目元の小じわ、ちりめんじわ

などにお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。