オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

2012/12/26

年末年始におすすめのサプリメント

今年も、残すところあとわずかとなりました。
年内の診療は、新宿院が30日まで、祐天寺院と羽村院が29日まで。
来年は、3院とも1月4日からの診療となります。


先日、3院合同で忘年会を行いました。
ここまで皆が集まる機会はなかなかないので、
少し話をし、優秀スタッフの表彰なども行いました。

DSC_0632.jpg

DSC_0644.jpg

かなりお酒が進んだスタッフもいたようですが…。

忘年会が落ち着くとすぐに新年会、と飲み会が多い時期ですから、
お酒が好きな方のために、
「アクティブジェノール DHA」を紹介しておきましょう。

多機能エイジングケア成分「エンゾジノール」を配合した
今話題の「抗酸化」に特化したサプリメントですが、
ウコンやオルニチンも含有しており、
抗酸化作用による抗炎症、肝機能強化などの働きも期待できます。
アルコールや喫煙で、肝臓に負担をかけている方にもおすすめです。
詳しくは、以前に書いたこちらの記事をご覧ください。

この一年、当院にお越しいただきました患者様には、
心より御礼申し上げます。
来年も、患者様の満足度をより高められるよう、
スタッフ一同、全力で努めてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

2013年が、皆様にとりまして良い年になりますよう祈念しております。
良いお年をお迎えください。

  

2012/10/05

アンチエイジングにおすすめのサプリメント

アンチエイジングに取り組む上での「体内ケアの重要性」についてはたびたびお話ししてきましたが、重要な栄養素を効率よく補給できる点で、サプリメントは非常に便利です。
今回は、以前より研究・開発を進め、先月ヴァージョンアップした「アクティブジェノールDHA」について、ご説明します。

アクティブジェノールDHA
「アクティブジェノールDHA」は、アンチエイジングに欠かせない成分を豊富に配合したサプリメントです。

“抗酸化力”を強力にサポートする新型DHA「アルガトリウム」
■驚異的な成長力・生命力を持つラジアータマツの樹皮エキス「エンゾジノール」
■血行のコンディションを整える「有機ゲルマニウム」
■滑らかな血液に導く「イチョウ葉エキス」
■頭スッキリを助ける「フェルラ酸」

“抗酸化力”は、アンチエイジングにおいて大切なポイントです。抗酸化とは、活性酸素による細胞の酸化を防ぐことを指します。細胞の酸化は、老化を進行させ、生活習慣病を引き起こす原因にもなります。

これらの成分に、今回のヴァージョンアップでプラスしたのが、
成長ホルモンの分泌をサポートする「オルニチン」です。

成長ホルモンとは、体内で生成されるホルモンのひとつで、子供から大人へ体を成長させる上で、重要な役割を担っています。また、大人になってからも、体のさまざまな代謝をコントロールしています。

成長ホルモンの代謝作用は、若々しい体づくりにつながります。タンパク質の代謝を促して筋肉量を増やし、太りにくい体をつくったり、骨代謝を促進して骨粗鬆症を予防したり、脂質代謝を促して体脂肪やコレステロールを減らすなど、アンチエイジングには良いことばかりです。
また、肌のダメージを修復して肌本来の機能を整え、水分や弾力を保つヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進するので、美肌づくりにも大いに関わります。

しかし、成長ホルモンの分泌量は、年齢を重ねるにつれて減少していきます。今回新たに加えた「オルニチン」は、その分泌をサポートする働きで、今たいへん注目されている成分なのです。

成長ホルモンは、これからのアンチエイジングを考える上で、大きな鍵のひとつです。分泌促進のために、良質な睡眠、バランスのよい食事、適度な運動に加え、サプリメントなどを取り入れるのもおすすめです。

  

2011/12/17

若返りのスイッチを入れる成分とは

前回は、当院のオーダーメイドサプリメントについてお話をしました。
健康を維持するために必要な栄養素はたくさんありますが、今日は特に若返り効果が高いといわれている注目の栄養素「レスベラトロール」と、それを配合している当院オリジナルのサプリメントをご紹介します。

■レスベラトロール
レスベラトロールは、赤ワインから発見されたボリフェノールの一種で、「若返りのスイッチを入れる成分」として、医療機関からも注目されています。大変優れた抗酸化作用があり、摂取することによって、老化や寿命をコントロールする「長寿遺伝子」が活性化されるといわれています。

「長寿遺伝子」は、食事のカロリー制限によっても活性化させることが可能です。これは、米ウィスコンシン大学などの研究チームによるアカゲザルを使った実験でも報告されています。

実験は、76匹のアカゲザルを二つのグループに分け、片方には好きなだけ餌を与え、もう片方にはカロリーを約30%減らした餌を与えるというもので、約20年間続けられました。その結果、自由に餌を食べたグループは、38匹中14匹(37%)が糖尿病やがん、心疾患、脳萎縮などの加齢に関連する病気で死亡し、カロリー制限した方のグループは、加齢に関連する病気で死亡した猿は、わずか5匹(13%)という少なさでした。その上、ほとんどの猿が健康的で、見た目も若々しく、長生きしたというのです。

長寿遺伝子は、カロリーを制限することによって活性化されます。
昔から腹七分目、六分目が健康と美容に良いといわれているのが、納得できるというものです。

そして、レスベラトロールには、1日の摂取カロリーを30%減らした場合に得られるアンチエイジング効果と同様の効果があるといわれています。

また、レスベラトロールには認知症の予防効果があることも報告されています。これは、名古屋市立大学大学院の研究チームの調べによるもので、レスベラトロールを摂取することによって、成長因子の一種であるIGF-Iが生成されるということが明らかになったのです。

このIGF-Iは、記憶や学習機能をつかさどる脳の「海馬」の神経細胞を活性化させ、認知機能を向上させる働きをします。そのため、認知症の予防に大変効果があるといわれています。

また、他の研究チームによるマウスを使った実験によっても、この認知機能向上効果が認められました。これは、レスベラトロールを3週間摂取させたマウスと、摂取していないマウスを水を張ったプールに入れ、プール内に設置したゴール目がけて泳がせるという実験です。ゴールは透明な素材でできていて、なかなか見つけられないため、水に放たれたマウスは、ゴールを探して必死に泳ぎます。実験を5日間くり返し行ったところ、レスベラトロールを摂取したマウスは、認知機能が向上し、早期にゴールを覚えることができ、日に日にタイムが短くなったそうです。

レスベラトロールには、そのほかにも、次のような効果が認められています。抗酸化作用、老化防止作用、抗癌作用、抗炎症、血小板凝集抑制作用、悪玉コレステロールの増加抑制、循環器系の生活習慣病を予防、認知症の予防

そして、このレスベラトロールですが、1日の必要量をワインで摂取しようとすると、毎日グラス4杯ほども飲まなくてはなりません。ですから、サプリメントで摂取することがおすすめです。


<レスベラトロール配合の当院オリジナル・サプリメント>

A2メディカルベーシック
長寿遺伝子のスイッチを入れると言われている「レスベラトロール」が、赤ワイン20本分含まれています。その他にも、ビタミンA群、B群、C、D、葉酸をはじめ、ビオチン、亜鉛、銅、鉄分など、美容と健康、アンチエイジングに欠かせない成分が「医師推奨量」で配合されています。尿で排出されがちなビタミンB1、B2、さらにCを、吸収率を高めるために「誘導体」として配合。そのため、血中に入りやすくなり、体内で長くゆっくりと作用します。若々しい美肌を目指す方、太り気味の方、抜け毛が気になる方にもお勧めです。

A2basic.jpg

【主な有効成分】
レスベラトロール(リンゴンベリー由来)、L-アスコルビン酸2-グルコシド、βカロチン、ビタミン(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E)、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸、亜鉛


男性の更年期は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが大きく影響しています。このテストステロンは、通常は加齢とともにゆっくりと減少していくものです。しかし、さまざまなストレスや悪い生活習慣が重なり合うと、体内が急激に老化し、その量はガクンと減ってしまいます。

体内が若ければ、更年期の症状は現れないわけで、60代の男性でもテストステロンの量が非常に多く、若い頃と変わりなく心身ともに健康に過ごしているという方もいらっしゃいます。

更年期を緩和させるには、急激に老化してしまった体内を、その人本来の若さに戻すことが効果的です。

まずは、日常でできるサプリメントによる体内ケアを始めませんか?

  

2011/12/09

サプリメントが必要な理由

更年期には、体内のホルモンバランスが大きく関係しています。

女性の場合は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが急激に減少することによって、身体がその変化に適応できず、不快な症状となって現れます。

それに対して、男性の場合は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが大きく影響しています。このテストステロンは、通常は加齢とともにゆっくりと減少していくものです。しかし、さまざまなストレスや悪い生活習慣が重なり合うと、体内が急激に老化し、テストステロンの量がガクンと減ってしまう場合があるのです。この急激な変化によって、体内の生理的バランスが崩れ、更年期の不快な症状が現れるといわれています。

ですから、更年期を緩和させるには、急激に老化してしまった体内を、その人本来の若さに戻すことが効果的です。

当院では、体内を若返らせる治療を数種類ご用意しています。
今日はそのうちのひとつ「オーダーメイドサプリメント」についてお話します。


サプリメントは「飲んでさえいれば効く」というものではありません。健康や若返りのために必要な栄養素は一人ひとり違いますし、同じ人でもその時の状態によって必要量が違ってきます。

当院のオーダーメイドサプリメントでは、患者さんの「体内環境」や「栄養状態」を調べ、その方に必要なサプリメントを「医師推奨量」で処方します。

必要な栄養素を補給することで、体内環境が整い、細胞が活性化され、若返り、ホルモンバランスや自律神経が整ってきます

「医師推奨量」とは、日本の厚生労働省が掲げている栄養摂取基準量の100~1000倍です。例えば、厚生労働省がすすめる1日あたりのビタミンC所要量は100mgですが、当院では1000mg~2000mgを処方します。100mgのビタミンCでは、ストレスや喫煙などによって消費されてしまい、体内活性化に必要な量が不足してしまうのです。

ところで、本当にサプリメントは必要なの?栄養素は食べ物から摂取すればいいのでは?と、疑問に思う方もいるでしょう。

なぜサプリメントが必要かといいますと、年齢とともに栄養素の吸収率が悪くなっていくため、それをフォローする必要があるからです。

また、野菜の栄養素が昔にくらべて大幅に減っているからです。例えば、ほうれん草の栄養素は、30年前に比べて半分以下だそうです。「日本食品標準成分表」のデータを見ると、栄養素が年々減っていることがよく分かります。

これは、現代の化学肥料を使った農法に原因があります。約50年前は、自然堆肥を使っていたため、土壌には豊富なミネラルが含まれていました。しかし、化学肥料により土壌が無機状態になり、土から栄養素を吸収できなくなってしまったのです。

また、栄養素よりも「見た目」などにこだわって品種改良を重ねてたということも影響しています。一般的に、品種改良を重ねてできた野菜は、栄養素が少ないといわれています。さらに、加工食品の増加や過剰な脂質摂取もビタミンやミネラルを不足させる原因となっています。

このように、現在の食物の栄養素は昔にくらべて大幅に減っています。
そこで、サプリメントを摂取することが非常に効果的なのです。


しかし、サプリメントは「飲んでさえいれば効く」というものではありません。必要な栄養素は一人ひとり違います。

当院のオーダーメイドサプリメントは、患者さんの「体内環境」や「栄養状態」を調べ、その方に合った栄養素を「医師推奨量」で処方します。

体内環境が整い、若返ることで、更年期の不快な症状が和らいできますよ。

  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。