FC2ブログ

オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2013/11/11

進化し続ける美容医療の歴史

去る11月3日は文化の日。
「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日ということで、
各地でさまざまなイベントが行われました。

日本の美容「文化」も、大きく向上・発展してきたと思います。
特に美容医療については、技術などの進化により、
その発展ぶりはめざましいものがあります。

羽村院を開院した1997年当時は、
美容医療といえば「切る治療」が主流でした。
その中で当院は、アメリカから上陸したばかりの
「フォトフェイシャル」を導入し、
痛みやダウンタイムが少なく、時代のニーズに合った
「切らない美容医療」に注力してきました。

以来、多様化するニーズに合わせて開発してきた
オリジナルのレーザー治療メニューは、
現在扱っているものだけでも、40種類以上になります。

当時、あらゆる肌疾患を改善できると
魔法の機械のようにいわれていた「フォトフェイシャル」も、
さらに進化し、高周波をプラスした「フォトRF」が登場。

photorf_briefing[1]

従来の光エネルギーによるシミ・くすみ改善効果に、
高周波のコラーゲン産生促進による
ハリ・弾力の向上、毛穴の引き締めなどの効果が加わりました。
ダウンタイムなし、痛みもほぼなく麻酔不要で、
総合的な老化症状改善が可能になったのです。

美容医療の道に邁進し、早や10余年。
その進化を思い返すと、感慨深いものがありますね。

「フォトRF」は、現在実施中の初診限定キャンペーンでも
体験していただけます。
美容医療の進化の一端に、触れてみてはいかがでしょうか。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。