オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2014/02/07

アンチエイジングコースについて 後編②

節分を過ぎ暦の上では春のはずですが、東京は雪が降るなど、冬に逆戻りしたかのようです。

ところで皆様、節分に恵方巻きを召し上がりましたか?
節分の夜、その年の恵方に向かって願いごとをしながら太巻きを食べると、福を招くとされています。
関東ではそれほど古い習慣ではないはずと思い調べてみたところ、起源や発祥は諸説あるようですが、主に大阪を中心に行われてきた習慣とのこと。近年、スーパーマーケットなどの販売促進活動により、全国に普及したようです。
gf1940335434l.jpg
季節の節目に、家族で美味しいものをいただきながら福を願うという習慣は、なかなか良いものですね。


さて、前回に引き続き「アンチエイジングコース」のご説明を進めましょう。
今回は、皮膚の土台である真皮に作用する高周波治療「ポラリス」についてお話しします。

真皮は、繊維芽細胞から産生された、コラーゲンやエラスチンなどの結合組織で構成されています。これら結合組織の変性や減少、損傷により、肌のハリや引き締め作用が弱くなり、シワ、タルミの原因になると考えられます。
cause-image01[1]

真皮は皮膚の深い層にあるため、活性化するには奧まで届くエネルギーが必要です。
そのため、高周波とダイオードレーザーの複合治療機「ポラリス」を使用します。
polaris_briefing[1]

高周波は、色素に反応せず肌の奧に届くエネルギーです。高周波が奥に伝播する時に起こる熱エネルギーが、真皮のコラーゲンを損傷させます。その創傷治癒過程で、繊維芽細胞からコラーゲンなどの結合組織が新たに産生されるので、ハリと引き締め効果が現れます。

ダイオードレーザーは、赤い色に吸収され熱を発生させます。このため、真皮にある血管に反応し、真皮層全体の温度を上昇させます。高周波は、温度の高い部位に集中的に伝播するので、ダイオードレーザーと組み合わせることで、より効率よく作用するというわけです。

「アンチエイジングコース」の話がずいぶん長くなってきましたが、それぞれの施術のしくみを知ることで、皮膚の各層にどう作用するか、皮膚全体のアンチエイジングが可能な理由がおわかりいただけると思います。
次回は、肌表面の角質層に作用する「MAXレーザーピーリングⅠ」についてご説明します。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。