オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2014/02/14

アンチエイジングコースについて 後編③

今朝の東京は、ふたたび雪に見舞われています。
ご来院の際は、防寒対策の上、どうぞ足元に気を付けてお越しください。

雪と言えば、ソチで開催中の冬季オリンピックが盛り上がっていますね。
スノーボードでは、平野選手、平岡選手の若さの躍動に興奮し、ノルディック複合では、渡部選手の粘りの走りに感動。ノルディック複合で日本がメダルを獲得したのは20年ぶりとのことで、キャスターの荻原氏同様、熱いものがこみ上げてきました。
深夜の観戦が続き、寝不足という方も多いのではないでしょうか。

さて、先月より「アンチエイジングコース」についてお話ししてまいりました。
1回目 アンチエイジングコースの特長と目的
2回目 表皮に作用し、シミ・くすみを改善する「フォトRF」
3回目 真皮に作用し、シワ・たるみを改善する「ポラリス」

4回目となる今回は、皮膚表面の角質層に作用するピーリング「MAXレーザーピーリング」についてご説明します。

表皮の一番上層にある角質層は、レンガの壁のように10~15層並んだ角質細胞でできています。通常は、表皮の一番下層にある基底層の細胞が徐々に上部の細胞に入れ替わっていくことで、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が行われます。しかし、紫外線や老化の影響により、不要な角質が残りがちです。不要な角質は、くすみなど肌トラブルの原因になったり、また上部からフタをした状態ですので、ターンオーバーが抑制されてしまいます。

この不要な角質を除去し、ターンオーバーを促進させるために行うのが「MAXレーザーピーリング」です。
皮膚に塗布した特別な墨(カーボン)に、レーザーを照射し、熱変性させます。熱変性したカーボンは蒸散してはがれ落ち、その際に不要な角質を一緒に取り去ります。同時に毛穴の汚れや角栓も取り除くので、毛穴の引き締まったなめらかな肌を実現します。
max.jpg

複合治療の効果がよくわかる、症例写真をご紹介します。
     【術前】            【術後】
019916_before_L.jpg 019916_after03m_L.jpg
特にシミでお悩みのお客様でしたが、「アンチエイジングコース」での治療により、頬全体のシミが目立たなくなっただけでなく、肌がワントーン明るくなり、毛穴が引き締まってなめらかになっているのがおわかりいただけると思います。

次回は、コース最後の施術である「イオントフォレーシス」についてご説明します。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。