オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2014/03/14

強くなってくる紫外線にご注意を

3月も半ばになり、徐々に紫外線が強くなってきています。
特にUVAはこの時期急上昇し、4月にはもう真夏の量に近づきます。

colorful-graph678x457[1]

このブログでも何度かお話ししてきましたが、紫外線は肌に大変な悪影響を及ぼしますので、皆様くれぐれもご注意ください。

私たちの肌に届く紫外線には、UVBとUVAの2種類があり、波長が異なるため引き起こされる肌トラブルも変わってきます。
波長の短いUVBは表皮に到達し、色素沈着やシミを引き起こします。
波長の長いUVAは真皮層にまで到達し、コラーゲンやエラスチンを破壊してシワやたるみの原因となります。
今話題の「光老化」とは、これら紫外線により起こる傷害の総称です。

紫外線と、紫外線を防御するために身体が起こすさまざまな反応について、詳しくは以前に書いた記事をご覧ください。
紫外線と光防御 前編
紫外線と光防御 後編

顔よりも、太ももの内側やお尻の皮膚がきれいなのを残念に思ったことはありませんか。
これこそが、紫外線の影響がいかに大きいかの現れです。
子どもの頃から紫外線を浴びてきた顔の皮膚は、「自然老化」に「光老化」が加わり、老化がより進行してしまっているのです。

ただ、「光老化」は、年齢に伴う「自然老化」とは異なり、毎日の対策で抑えることができます。
具体的には、下記のような対策が有効です。

■衣類・帽子・サングラス・日傘などで防御する
■日焼け止めを塗る(当該記事参照)
■皮膚保護作用がある製品を服用する(当該記事参照)

紫外線対策は年間を通して必要ですが、急激に増えるこの時期は要注意です。
まだ寒いから、天気が悪いから、などと油断せず、万全の対策をお願いします。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。