オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2012/08/04

紫外線を防がねばならない理由

来院される患者様にも、またこのブログでも、ぜひとお願いしている「紫外線対策」。
今回は、なぜ紫外線を防がなければならないのか、お話ししたいと思います。

紫外線がシミをつくる原因になることは、よく知られています。それだけでなく、シワ、くすみ、たるみ、乾燥などあらゆる肌の老化が、紫外線により生み出されているということはご存知でしょうか。

紫外線には、表皮に届くB波と、真皮層にまで届くA波があります。B波は、日焼けやシミをつくります。A波は、肌の深部へ侵入し、肌の弾力を支えるコラーゲンやエラスチンを破壊して、シミやくすみだけでなく、シワやたるみまでつくり出します。

帽子や日傘、日焼け止めなどの対策は、浴びる紫外線量を減らせるので、たいへん有効です。しかし、それでも完全に防ぎきることはできません。A波は紫外線全量の約75%と大量で、雨や曇りの日も降り注ぎ、ガラス窓やレースのカーテン、薄い衣服などは通り抜けてしまいます。

紫外線による老化から肌を守るには、できる限り防ぐと同時に、知らずしらずダメージを受けてしまった真皮層をケアすることが必要なのです。

紫外線により、コラーゲンなどがダメージを受け真皮層の老化が進行すると、シワやたるみとなってあらわれます。この真皮層の老化改善を可能にしたのが「サーマクール」です。サーマクールは、高周波により真皮層のコラーゲンに高い熱エネルギーを与えます。真皮は、熱変性したコラーゲンを修復しようとして新たなコラーゲンを大量に産出するので、内から押し上げるようなハリが蘇ります。
また、できてしまったシミやくすみの改善には、光と高周波の照射によりメラニン排出を促す「フォトRF」が有効です。
詳しくは、サーマクールはこちら、フォトRFはこちらをご覧ください。

年齢以上に肌を老化させる紫外線の恐ろしさ、おわかりいただけたでしょうか。徹底した対策と真皮層のケアで、若々しい肌を守りましょう。当院が、お手伝いいたします。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。