オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2012/09/20

薄毛・抜け毛の正しいケア方法

夏の紫外線がもたらす影響については、このブログでたびたびお話ししてきましたが、頭皮も紫外線ダメージを受けやすい部分です。毎年この時期になると、頭皮や毛髪に関するご相談も増え、秋口から育毛・発毛治療を始められる方が多いようです。

最近では若い男性でも、薄毛・抜け毛予防のための頭皮ケアや内服薬に興味を持たれる方が増えてきました。しかし、今流行のシャンプーなどで手軽に対策ができるとお考えの方も、少なくはないようです。自己判断による安易な対策はかえって状態を悪化させる可能性がありますから、正しい知識を持つことが大切です。

まず、薄毛や抜け毛の原因をご存知でしょうか。

日本の成人男性で薄毛に悩んでいる方のほとんどは、「AGA(Androgenetic Alopecia)」という疾患であると考えられます。AGAは、「男性型脱毛症」または「壮年性脱毛症」とも呼ばれ、頭頂部の毛が薄くなったり生え際が後退していく脱毛症を指します。AGAは進行性ですので、早期発見、早期治療が重要です。少しでも気になったら、速やかに専門の医師やカウンセラーに相談することをおすすめします。

当院が開設する「AGA・発毛専門治療センター」では、AGAの進行を遅延・抑制させるだけでなく、現状維持以上の発毛(毛髪密度増量)を目指した治療を進めております。そのために、血液検査などから医師が総合的に診断して、お一人おひとりの症状に合わせたサプリメントのオーダーメイド処方を行っています。
通院とホームケアによる治療を続けて4~5ヶ月くらい経つと、確かな変化を感じられる方が多いようです。

進行性であるAGAの治療は、とにかく早いに越したことはありません。「AGA・発毛専門治療センター」では無料のオンライン相談も行っておりますので、現在の薄毛・抜け毛が気になるという方はもちろん、5年後、10年後が心配という方も、まずはご相談ください。

「AGA・発毛専門治療センター」のホームページはこちらです。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。