オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2012/11/11

オザキクリニックのニキビ跡治療

前回も、ニキビ跡治療に有効な「フラクセル3」についてお話ししましたが、当院では、開院当初から「ニキビ跡治療」に力を入れてまいりました。
今までフラクセル治療は新宿院、祐天寺院の2院で受け付けておりましたが、
遂に羽村院でも「フラクセルⅡ」の導入が決定しました。
これからは3院どこでもニキビ跡治療を行えるようになります。
(羽村院でのフラクセルⅡ予約については、近日中HPでお知らせいたしますので今しばらくお待ちください)

以前にもお話ししたことですが、かつて保険医療だけを行っていた私は、ニキビ跡などのご相談を、「命に係わることではないから」と軽視していました。しかし、ある学会で、ニキビやニキビ跡が時に自殺の原因になるほどの深いお悩みであることを知り、愕然としたのです。直接「命」には係わりませんが、患者様の「人生」に大きく関わり、また時として「命」をも脅かす原因となってしまう。「患者様の人生に何をしてあげられるか」真剣に悩んだ結果、私は美容医療の分野にのめり込み、長年にわたりニキビやニキビ跡治療の研究を続けてまいりました。

ニキビやニキビ跡は、改善します。
そして、より少ない治療回数で治すためには、難治の状態になる前の早期、また肌の再生能力が高い成長期に治療することが効果的です。

思春期にニキビで悩まれた方は、そのニキビが治まった後、凸凹のニキビ跡となるケースが非常に多く、大人になっても心に傷を抱えている方もいます。
成長期などお子様の治療には、保護者の方の協力が必要不可欠です。お子様が、ニキビができがちであったり、赤みがあったり、凸凹ができているような場合には、ぜひお早めにご相談ください。
羽村院・祐天寺院・新宿院、どこででも、最新型の治療を受けていただけます。

ニキビ・ニキビ跡治療については、こちらをご覧ください。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。