FC2ブログ

オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2012/11/16

美肌作りの基本はホームケアにあり

あっという間に秋が去り、冬本番を間近に感じるようになってきました。
報道も、政局や訃報と日々慌ただしく、今年が終わりつつあるというだけでなく、ひとつの時代の幕引きかと揺さぶられる思いがします。

最近、急激に気温が下がり、湿度の低い日が続いていますので、当院では肌の乾燥にお悩みの患者様が増えているようです。

乾燥は、メイクのノリが悪くなったり痒みなどを引き起こすだけでなく、放っておくとさまざまなトラブルの引き金になりかねません。

乾燥が進むと、ターンオーバーが乱れ、角質層のバリア機能が低下します。すると、角質層の下の真皮層にまでダメージが及び、健やかな肌をつくり出すことができなくなります。くすみやゴワつきの原因となる古い角質が残り、ハリや弾力を支える美肌成分が生成されないという、いわば負のスパイラルに陥ってしまうわけです。

環境の変化に揺らがない肌づくりには、何といっても毎日のホームケアが欠かせません。
当院では、美容皮膚理論に基づいたホームケア製品を処方しています。

基本となるのは、不要な角質を落とす「角質ケア」と、乾燥させないための「保湿」です。
まず、「エンジームクレンジングウォーター」でメイクを落とし、「薬用リファインソープ」または「AHAリファインソープモイスチャー」で汚れと共に古い角質を洗い流します。
角質ケアのあとに、「C+エッセンスローション」、「プレミアムゲルⅡ」、「ナインスヴェールミルク」の順番で保湿することで、美容成分を肌に浸透させ、うるおいを閉じ込める効果があります。

この時期、乾燥が気になる方には、特にシートマスクをプラスすることをおすすめします。「マスクドヴィヴァン」は、シートマスク1枚に美容液1本分をしみ込ませており、マスクの密閉効果で美容成分を肌の奥までしっかり浸透させることができます。
マスク-ド-ヴィヴァン

毎日の地道なケアで、肌の土台を強固にすることが、「美肌作り」の近道であり、さらにクリニックでの施術効果を高めることにもつながります。ぜひ、いま一度ホームケアを見直して、冬本番に負けない肌を目指しましょう。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。