FC2ブログ

オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2012/12/07

15年間の感謝を込めて

この12月で、オザキクリニックは15周年を迎えます。

1997年に羽村院を開院して以来、15年間にわたり多くのご支持をいただきながら、
祐天寺院、新宿院を展開するようになったのは、良いドクターとスタッフに恵まれたこと、
そして何より患者様のおかげにほかなりません。心より、感謝申し上げます。

history_img01[1]
写真は、私が最初に開業した小さな内科の医院「小崎クリニック」です。
開院し、患者様のご相談を受け始めてすぐに気づいたのが、しみやしわ、ニキビなどに悩んでいる方の多さと、
そのお悩みの深さでした。何とか力になりたいと美容医療について学ぶうち、
フォトフェイシャル」がすごいらしいと聞き、あまりの高価さに迷いながらも
思い切って導入したのが2001年のことでした。
今思うと、これが美容医療の道へ進むきっかけとなりました。

フォトフェイシャル」の反響はすごいもので、全国から患者様が訪れるようになりました。
患者様が増えるにつれ、ニーズも多様化してきます。
すべてのお悩みにできる限り応えようと、機械や施術メニューを次々に増やしていきました。
また、「羽村まで通うのは大変」というお声から、祐天寺院と新宿院を開院しました。
オザキクリニックの今のスタイルは、患者様のニーズによって出来上がったものと言えるでしょう。

開院当時から考えると美容医療は大きく進歩しましたが、最新の医療をもってしても、
からだ全体を若返らせることは難しいことです。
しかし、体の外側と内側の両方から働きかけることで、今までの人生でもっとも輝いている状態に
導くことは可能だと思っています。それが、私の提唱している「エクセルエイジ」の考え方なのです。

今後も「エクセルエイジ」の理念のもと、「若さと美容のホームドクター」として、
患者様お一人おひとりが自分に自信を持って生きていけるよう、お手伝いを続けていきたいと思っております。
そのためにも、ニーズの高まっている「切らないたるみ治療」にますます注力してまいります。
これからのオザキクリニックにも、期待ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。