FC2ブログ

オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2011/11/18

ED治療の実際

EDとは「勃起不全」のことであり、男性更年期の特徴的な症状です。

・性行時に十分に勃起しない
・勃起を維持できない、そのため満足な性交が行えない
・性欲自体が無くなってしまった

といった症状が、社会的にバリバリと活躍し現役を引退するにはほど遠い40~50歳代にみられるのです。

オザキクリニック羽村院では、ED治療も行っております。

このEDで悩む人の多くは「性欲があるのに勃起しない」ということに苛立ち、自信と活力を失いがちです。また、性欲自体が無くなってしまうことで、パートナーとの関係にも悩みがちです。それにも関わらず、恥ずかしくて誰にも相談できず、一人で悩み続けるという人が非常に多いのです。

でも、実は、EDは特別な病気ではないのです。

日本のED患者は、更年期以外の人も含めると約1,100万人以上といわれています。これは10年前にくらべて倍増しています。また、40歳から70歳の約50%もの男性がなんらかの原因でEDを患っている可能性が高いといわれています。

今や特別な病気ではないのです。
ですから、恥ずかしがることはありません。

適切な治療を受けることで症状は改善します。

では、ED治療とはいったいどのようなものなのでしょうか。
診察がどのようなものか分からないため、クリニックの門をくぐりにくいという人も多いのではないでしょうか。

診察時に下着を脱ぐのか、その様子を女性の看護師に見られるのか……
恥ずかしいことを聞かれるのでは……

と、不安が募るかもしれません。

ご安心ください。
診察は意外と簡単です。問診で診断しますので、下着を脱ぐ必要はありませんよ。また、当院では、診察中は女性看護師が席をはずすなど、配慮が行き届いております。

オザキクリニックでは、受付で次のような問診票を記入いただきます。

<問診票>
01. 氏名、住所
02. 年齢、身長、体重
03. 薬のアレルギーの有無
04. 持病の有無
05. 服用している薬の名前
06. 病気の既往症
07. ニトログリセリン(狭心症の薬)所持の有無
08. 心臓や肝臓病の有無
09. 脳血管障害、狭心症、心筋梗塞の有無
10. ED治療薬の使用経験の有無
11. 網膜色素変性症の有無
12. 血圧について


問診票の記入後に診察となります。
そして、問題がなければ、受付またはそのまま診察室でED治療薬を処方します。

ED治療薬とは、「バイアグラ」もしくは「レピトラ」です。その方に合ったものを処方します。EDは、大抵の場合、薬で改善できます。いたずらに不安を抱える必要はありませんよ。服用している薬がある場合は、ED治療薬と併用した場合の安全性を調べ、使用量などをアドバイスします。


以上が診察内容です。
想像以上に簡単で、気軽に受けられそうではないですか?


ここで、パートナーの方にもご理解いただきたいことがあります。

<パートナーの方へ>
バイアグラやレピトラといったED治療薬に対して、好印象を持たれていない女性がまだまだ多いように感じます。安全面に不安を感じているのでしょうか。しかしこれらは、医師の正しい指導のもとで服用する限り、副作用が少なく、大変安全な薬です。お互いのコミュニケーションを高めるためにも、また、男としての自信と活力を取り戻すためにも大変役に立つ薬です。是非そのことをパートナーの方にもご理解いただきたいと思います。

また、先にも書きましたが、EDで悩む男性は、症状が症状なだけに、誰にも相談できず一人で悩み続ける傾向があります。
話しづらいことかもしれませんが、パートナーのあなたから「一人で悩まないで」と、声をかけてあげることも大切です。
お互いに支えあって、人生をより豊かなものにしていきましょう。


初めての来院では、緊張される方も多いものです。
ですが、診察室を出る頃には、どなたも一様に顔がほころび、希望に満ちた表情になっています。皆さん、受診して良かったと安心してお帰りになります。そして次の来院時には、自信と活力を取り戻しているのがとても印象的です。

次回は、ED治療薬の注意点についてお話します。


ED治療・バイアグラの処方は、ぜひオザキクリニック羽村院へご相談ください。
〒205-0013
東京都羽村市富士見平1-18羽村団地24-1
0120-042-570

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。