FC2ブログ

オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2013/04/05

雑誌取材で「レーザートーニング」を紹介しました。

先日、雑誌の取材を受けました。
『ヴァンサンカン 25ans 5月号』(3月28日発売)で、
「メドライトC6」による美肌治療・レーザートーニングについて
お話ししています。

 img10[1]

「メドライトC6」は、
肝斑の治療を可能にした画期的なレーザー機器です。

肝斑は、強い刺激や摩擦で悪化するため、
これまでレーザー治療は禁忌とされてきました。
「メドライトC6」は、
レーザーを低出力で均一に照射し、
肌への刺激を最小限に抑えながら、
メラニンを少しずつしっかりと除去していく
ことができます。

取材でもお話ししましたが、
肝斑 だけでなく、
シミ、くすみ
毛穴の開き、たるみ毛穴
肌をトーンアップしたい方、透明感が欲しい方 にも
おすすめです。

術後は紫外線に注意する必要がありますが、
麻酔が不要でダウンタイムもほぼなく、
治療直後からメイクも可能
と、
現代のニーズにたいへん合った治療だと思います。

やはり、雑誌をご覧になった方からのお問い合わせも増えているようです。
どうぞお気軽にご相談ください。

レーザートーニングについて、詳しくはこちらをご覧ください。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。