オザキクリニック理事長

Dr.小﨑のエクセルエイジ入門

プロフィール

小﨑 有恒

Author:小﨑 有恒
オザキクリニック理事長

  • 国際抗老化再生医療学会理事
  • 日本美容外科学会員
  • 日本美容皮膚科学会員
  • 日本臨床抗老化医学会会員
    (メソセラピー指導医)
  • 米国A4M会員
  • 米国ACAM会員
  • 胎盤医療研究会会員
  • サーマクール認定医
  • 日本再生医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 株式会社ジェネラス顧問
オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2013/05/31

治療薬で、ストレスフリーなダイエットを

前回、脂肪吸引についてお話ししましたが、
当院では、ほかにもさまざまなダイエット治療法をご提案しています。

患者様お一人おひとりのご希望や状態に合わせた
オリジナルダイエットプランのご提案をはじめ、
ダイエット治療薬や漢方薬などホームケアのサポートも行っています。

ダイエット治療薬を利用したダイエットは、
意識して食事量を大幅に減らす必要がないので、
ダイエットで感じがちなストレスがありません。
結果、長続きしやすく、リバウンドしにくいという
優れた特徴があります。

中でも、効果の高い治療薬をいくつかご紹介しましょう。

食欲を抑制することで、食事量を減らす効果があるのが、
厚生労働省認可が認可している
医療用の食欲抑制剤「サノレックス」です。

img_sanorex[1]

「サノレックス」は、
食欲中枢を抑制し、満腹中枢を刺激することで、
少ない量の食事で満腹感が得られ、空腹を感じにくくします。

また、新陳代謝を高める働きがあるため、
有酸素運動などと組み合わせれば、
さらに効率よく脂肪を減らすことも可能です。

また、別のアプローチ方法もあります。

脂肪の分解・吸収を抑制することで、摂取カロリーを削減するのが、
脂肪吸収抑制剤「ゼニカル」です。
日本の厚生労働省に当たるアメリカのFDA(米国食品医薬局)の
認可を受けており、これも安全性の高い医薬品です。

img_xenical[1]

「ゼニカル」は、脂肪分解酵素の働きを抑制し、脂肪の吸収を抑えます。
いつもと同じ食事を食べていても、脂肪が吸収されずに排出され、
体内に蓄積されないので、減量が見込めるというわけです。

どちらの薬も、ライフスタイルに合わせて
服用のタイミングなどを調整することが大切です。
当院では、医師が診断の上、
患者様に最適なプログラムをご提案しますので、
安全で、高い効果が得られます。

自分の意志だけで辛いダイエットを続けることは、簡単ではありません。
また、せっかくダイエットに有効な食品を摂ったり運動をしても、
ほかの食事や生活習慣で台無しになってしまう場合もあります。

自己流のダイエットでなかなか効果が出ないという方や
話題のダイエット方法を試しても痩せないという方は、
ぜひ、当院のダイエット治療をお試しください。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング
  • Dr.中島のキレイを磨く美活サポート

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。